大人っぽい秋ファッションなら、きれいめカジュアルを意識して

 

きれいめカジュアル

 

季節が秋に移り変わると、なんとなくおしゃれも秋らしく、こっくりとした秋カラーの秋服になっていきますね。

 

紅葉がりなどの行楽やタウンショッピングに出かけたり、秋服はきれいめカジュアルが活躍するシーズンです。

 

秋ファッションのアイテム選びや、きれいめに見えるちょっとしたコツをまとめました。


 

きれいめカジュアルな秋コーデを組む時のコツ

コーデの軸は、パンツで考える

パンツの中でいちばん着ましがきくのが、実は白パンツです。ボーイフレンドデニム、スキニー、ストライプなどを白で揃えて使い分けをします。白地のストライプは、柄が苦手な人でも無地感覚で使えます。

 

きちんと感が欲しい時には、ダークカラーのパンツを選びます。ネイビーのパンツに、トップス黒のハンサムな組み合わせには、重く見えないように、白バック、白パンプスの白小物で調節します。

 

時には冒険して、カラーパンツを活用すると気分も上がります。インパクトの強いイエローは、トップスや小物を黒系でまとめてシックにきめます。
きれいなグリーンのパンツには、白のニットとスニーカーでラフにカジュアルダウンさせます。

 

秋冬コーデには、シャツよりニットが使える

 

シャツよりもニットはきれいな印象をつくりやすいので、秋冬のきれいめカジュアルで重宝します。体のラインが出すぎない、薄手のニットはパンツにもスカートにも合わせやすい1枚です。シャツとレイヤードして、きちんと感をプラスするとオンにもオフにも着まわせます。
デニムなどのカジュアルなボトムをはいても、ニットが品よくきれいにまとめてくれます。
ネイビーニットやツイードニットなら、ダメージデニムもおまかせです。

 

スカートは、丈の長さとシルエットで選ぶ

 

脚をきれいに見せるスカート丈は、ひざ下のミモレ丈です。トップスをコンパクトにまとめて、スタイルアップさせます。
白のプリーツスカートなら、ストライプ柄のシャツと合わせて、カーデを肩かけにして縦長ラインを強調します。ボーダートップスにすると、王道の甘辛ミックスできれいめカジュアルになります。
短め丈のスカートの時には、ショルダーバックやクラッチバックなどの小さめバックを持つと、重心が上に上がって、バランスよく見えます。

 

秋コート、秋ジャケットは使い分けが肝心

 

主役の秋コートは、トレンドとカジュアルとキレイめの3つを、コーデによって使い分けします。
トレンドのロング丈コートは、いつもの服に羽織るだけで今っぽいスタイルになれるのが魅力ですね。デニムとスニーカーの定番コーデも、リッチに格上げしてくれます。

 

カジュアル系は、おしゃれに防寒できるダウンコートやダウンジャケットです。細身のダウンなら、可愛い印象のミニスカートとの相性も抜群です。オールホワイトコーデに、黒のダウンを羽織ると、季節感のあるモノトーンコーデが完成します。

 

きれいめコーデには、シンプルなチェスターコートが似合います。
ミモレ丈のプリーツスカートとも好相性で、コートの裾からスカートが出ても大丈夫です。ストールを首に巻いて、目線をアップさせます。

 

白シャツとボーイフレンドデニムのメンズライクな組み合わせにも、きれいにマッチします。チェスターコートは万能なので、どんなテイストにも馴染みます。